初心者でも失敗しないセルフネイルの方法

初心者でも失敗しないセルフネイルの方法

自分でもネイルを楽しんでみたいけど、ネイルサロンに行くのはちょっと勇気がいる…。そんな方にはセルフネイルがおすすめです。ネイルアートのグッズも手軽に手に入るようになったこともあり、自宅でも簡単にネイルサロン顔負けのネイルアートができるようになってきました。失敗しないセルフネイルのデザインとコツをご紹介します。

 

不器用でもマスターできる基本のワンカラーネイル

セルフネイルの基本は、単色塗りのワンカラーネイルです。素敵なデザインのセルフネイルでも、まずこのワンカラーネイルが基本となります。コツさえつかめば、不器用でも初心者でも簡単に綺麗な指先を手に入れられる、ワンカラーネイルをマスターしましょう!

 

単色塗りのネイルを綺麗に見せるには、ムラなく塗るのが大切です。ネイルが苦手という方にありがちなのが、丁寧に塗ろうとして、ゆっくり何度も重ね塗りをしてしまう事です。村の無いキレイなワンカラーネイルに仕上げるには、素早く少ない回数でネイルを塗る事がポイントです。

 

まず、ネイルを塗る前の下準備として、リムーバーを付けたコットンで爪の表面の油分や汚れを落とし、ベースコートを塗ります。余分な油分などを落として下地を整える事で、マニキュアのノリがよくなります。マニキュアを塗る時は、利き手から塗るのがポイントです。利き手ではない方から塗ると、マニキュアが塗りにくく、せっかく塗ったマニキュアを傷付けてしまうからです。マニキュアは、根元から先端に向かって塗ります。まず中央にひと塗りしてから、左右を塗ります。3〜4回のストロークで塗り終えるのがベストです。しっかり乾いてから、もう一度同じ順番で塗る事で、発色も良くなります。最後にトップコートを塗って完成です。

 

単色に慣れたらフレンチネイルにチャレンジ

爪の先端だけ色を変えるフレンチネイルは、逆フレンチなど応用もききやすい人気のネイルデザインです。フレンチネイルのコツは、マニキュアの筆遣いにあります。マニキュアの刷毛の角度に合わせて爪の先端の左右を塗り、最後に中央を塗って整えればOKです。初心者のうちは、ずれが目立ちやすいので真っ白や濃い色は避け、ラメやヌーディ―カラーで塗るのがおすすめです。

 

また、フレンチネイルの裏技として、マスキングテープを使う方法があります。ベースとなる色を単色塗りして、マニキュアが乾いたら、爪の先端だけ残してマスキングテープでカバーします。その上からマニキュアを塗れば、マスキングテープがガイドとカバーの役割をしてくれるため、綺麗にフレンチネイルを作ることができます。

 

意外と簡単!グラデーションネイル

根元から先端に向かって徐々に色が変わっていくグラデーションネイルは、セルフネイル初心者には難しい印象があります。しかし、グラデーションネイルは意外と簡単なんです!

 

グラデーションネイルの方法はいくつかありますが、初心者で失敗しない方法は、スポンジを使う方法です。ベースカラーを塗ったら、スポンジにマニキュアを付け、少しずつポンポンと色を重ねていきます。ポイントは、マニキュアを付けるのを少量にする事と、強く爪に押し付けすぎない事です。

 

また、基本のグラデーションネイルのやり方は、半乾きのうちに次の色をどんどん重ねていき、グラデーションを作る方法です。マニキュアの量や乾き具合が難しいかもしれませんが、慣れてくれば複雑なカラーのグラデーションも作れるため、ネイルサロン顔負けの仕上がりになります。

 

初心者がグラデーションを綺麗に仕上げるコツは、ラメやホロ入りのマニキュアや、透明色のマニキュアをつかう事です。どちらも境目がわかりづらくなるので、濃い色を使うよりグラデーションらしく仕上がります。

 

 


このページの先頭へ戻る